預貯金や不動産、権利等の財産から借金まで不安ならまずは相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について知ろう。

公正証書遺言での遺言書作成

自分の死後も家族が穏やかな日々を過ごせるようにと、身辺整理などの終活を行っている人も増えています。その中のひとつである遺言書作成には、複数の種類があります。まず、公正証書遺言は、遺言書を作成していくなかでも一番安全な内容としてあげることができます。

第一に遺言書は公証役場での保管がされますので、紛失したりする心配はありません。また遺言書の中身についても公証人が伝えた内容を書面にしますので、不備があった場合にもその時点で気がつくことが可能です。多くのリスクを考えると、この公正証書遺言が一番安全であることがあげられます。

遺言書作成は内容を重視する

必要最低限なことだけ記載すればいいので、勝手に余計なことを書いて遺言書を長くしないように注意してください。意外と長くしている方が多く、必要のない情報まで書いている可能性があります。

今までの感謝を伝えることもいいのですが、遺言書作成では最低限のことだけ書いておけばいいでしょう。感謝の気持ちは別の手紙などを書いて、これを見てもらうことで判断してもらえばいいのです。遺言書に書いてもいい内容、そうではない内容も多数あります。必要最低限に抑えたいと思っているなら、できることなら余計な文章からスタートしないことです。

遺言書作成で成功している人は

上手く遺言書作成を行っている人は、練習を繰り返しているのではなく、いい人に相談して見てもらっているのです。弁護士の中には、完成したものをチェックして、問題がないことを見ています。中には問題がある文章を訂正して、このように書いたほうがいいと提案する場合もあります。

1から作ることとなる遺言書ですが、1人の力でできる内容は限られていますし、確認が甘すぎて問題となる場合もあります。とにかく成功させるためには、確認して貰える人にお願いして、少しでも正しい文章に書き換えます。何度も直したことで、いいものが作られています。

遺言書作成はとにかくいい紙に

適当に用意した紙に書いては、本来伝えたい事がしっかり得られなかったり、落書きと同じように扱われる場合もあります。また証明できる状況を作るためには、遺言書作成でいい紙を利用して、しっかりと見てもらうことです。

使う紙はしっかりと考えて、問題がないようにしてください。もし紙の問題で認められない場合があるなら、新しい紙を用意してそれに書き直します。書き直しをするのは面倒かもしれませんが、本来であれば遺言書作成には必要とされている紙があります。それに書くようにして、問題がないようにしておかないと駄目なのです。

弁護士が遺言書作成を見るのは

弁護士の方が、遺言書作成を見ている場合もあります。本来ならそうした状況を作らなくてもいいのですが、証明できる力を持たせるために、実際に確認してもらい、力を持った遺言書にしてもらいます。

弁護士はその確認作業を行っているために、簡単に情報を知ることができて、しかも正しい記述が行われているかチェックできます。代行サービスなどを利用する場合でも、遺言書作成は自分で書かなければなりませんが、チェックするのは弁護士が行っています。こうして問題なくチェックされれば、確実に遺産のトラブルは減らせますから、後の問題が減ります。

遺言書作成について

おすすめ

おすすめ本文です。

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。お近くの大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

ページトップへ戻る

copyright©不動産相続Info 遺言書作成、相続手続き空き地や空き家についての相談.All Rights Reserved.