預貯金や不動産、権利等の財産から借金まで不安ならまずは相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について知ろう。

相続手続きは弁護士に頼むべきか

相続手続きと聞くと相続財産の分配が思い浮かぶかと思いますが、相続財産は金銭だけのことを指すのではありません。有価証券や不動産など分割の難しいものも相続財産の対象となります。相続財産の分配にあたっては、相続人全員の承諾や署名が必要であることに加え、前述のような財産は売却や名義変更には時間と手間がかかります。

これらの手続きを弁護士へ委託することによって、これらの複雑な手続きからその後の相続税の申告や納付まで行ってくれるので、相続人の負担を減らすことができます。ただし、弁護士費用がかかりますので、相続財産の額や相続人自身で手続き可能なものがあるかどうか十分検討する必要があるといえます。

相続手続きで揉め事がある時は弁護士へ

相続手続きをする際、対応できる専門家には、行政書士・司法書士・弁護士があります。しかし、相続に関して揉めており当事者だけで解決できない場合は、行政書士や司法書士は対応ができません。

対応できるのは弁護士だけであり、遺産分割協議の調停・依頼者の正式な代理人として交渉をすること・家庭裁判所への申し立てを行うことなどができます。相続に関して揉め事が予想される場合は、予め依頼しておくとよいでしょう。また、遺留分が侵害されている時にも依頼することができます。ただし相続専門家の中でも費用が高いので、費用を抑えたい場合は注意が必要です。

弁護士に相続手続きをお願いする時にしてほしいこと

相続手続きを始めるためには、まず遺言書が必要になってきます。遺言書があればそれに基づいて手続きをすればいいのですが、ない場合は、遺産分割協議というものをしないとなりません。これは相続の資格がある人を戸籍などから調べて、全員で相続の内容を決めるというものです。

ここであったことがない人が出て来たり、お金のことになったらうるさい人などが出て来たりで話し合いがうまくいかないときがあります。これを避けるためにも初めから弁護士に間に入ってもらうことで防ぐことができます。弁護士費用ってすごくかかりそうで不安です。インターネットで着手金や報酬等について調べておく必要があります。

相続手続きにかかる弁護士費用

相続に関しての手続きには、申請期限が定められているものもあります。被相続人の死亡届が提出されてから相続税の申告まで、慣れていない作業で大変なことも多いかと思います。時間もかかりますし、初めて目にする書類ばかりで困り果ててしまう方も少なくないと思います。

そういった時に助けてくれるのが弁護士です。相続手続きの手伝いをしてもらうと作業などに悩むことなくスムーズに行うことができます。特に、特定の相続人に遺産が多すぎる、遺言書の内容に不満がある、親の介護などの寄付度を相続に反映して欲しい方は特に一度相談に行かれてもいいかもしれません。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

兵庫の相続問題の相談や相続手続きは、相続に強い弁護士にお任せください。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

相続手続きについて

おすすめ

おすすめ本文です。

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。お近くの大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

ページトップへ戻る

copyright©不動産相続Info 遺言書作成、相続手続き空き地や空き家についての相談.All Rights Reserved.