預貯金や不動産、権利等の財産から借金まで不安ならまずは相続について知ろう。

認知症の方は成年後見人が相続手続きをします

家族の中に認知症の相続人がいる場合は、成年後見制度を利用することが必要となります。 相続手続きを進めていく際、認知症の人の代わりとして代理人を決めなければならないからです。

もし、成年後見人を立てていなかった場合に相続手続きを進めてしまうと、遺産分割は協議は法律的に無効となってしまいます。 相続手続きの為に成年後見制度を実際に利用するには、申し立て手続きを準備しはじめてからは3ヶ月かかってしまうことを知っておいた方が良いと思います。 法定代理人としても動くことも出来ないので、スムーズに進めていくには早めの対処が必要です。

遺産相続手続き|相続登記

遺産相続手続きとして大きなものとして不動産の登記があります。大阪では相続時に時価の高い不動産が多いため、遺産相続手続きにおける相続登記の需要が非常に高い特徴があります。内容としては、相続で土地や建物を引き継ぐ人への所有権移転登記となりますが、相続を原因とする場合通常の売買よりも登録免許税が安くなります。

また相続では、祖父母の代から、親の代に登記されていないため、直接孫の代に登記を行うことがあります。この場合、複雑な法律関係になっていないかどうかを確認する必要がありますので、プロに任せたほうが失敗は少ないケースといえます。

相続手続きで落とし穴にはまらないために

亡くなった父に、思わぬ借金があった!こんな時は、家庭裁判所で「相続放棄」の相続手続きを行えば、亡くなった方(被相続人)の遺産を放棄することができます。相続放棄を検討する価値があるのは、このような方です。

・被相続人と長年交流がなく、借金の有無がわからない。・遺産が、資産価値のない土地家屋しかなく、相続しても維持管理が難しい。・自分以外の親族に遺産を集中させたい。相続放棄にはデメリットもあり、マイナスの財産(借金)だけの放棄はできず、プラスの財産(預貯金・株・不動産等)も同時に放棄する必要があります。相続手続き専門の弁護士に相談するなど、慎重に決断する必要があるでしょう。

急に慌てない為に相続手続きを知っておく

人が亡くなる場合は往々にして急に亡くなる場合が多く、ご家族としては急な悲しみの中ですぐに相続手続きについて考えられないことも多いことかと思います。しかし、相続手続きには期限が決められていることも多く、事前にどのような手続きが必要になってくるのか知っておくようにする事をおすすめします。

まず、亡くなられた方の銀行などに預けられた預金はもちろん、住宅などの不動産や車を所有していたかどうか、また株などの資産がどれだけあるのかを調べる必要があります。全て調べた上で、法定相続人を全て集めて配分を決めていくことになるので、遺産がどれだけあるのか、また手続きの手順を知っておくといざという時に慌てずに済みます

相続手続きは生前から

親や親族がなくなった際に、その遺産はどうするかについては家族間、親族間でもなかなか話しにくいことでしょう。しかし、このことをきちんと話しておかなければ、後々大きな問題に発展する可能性があります。

相続はわれわれの生涯の中で、良くも悪くも非常に短い時間で大金を得ることが出来る機会です。そのため、中には魔がさして、より多くの金額を相続するべく行動し、家族間で、「相続」から「争続」に発展してしまうことが多々発生します。これを防ぐためにも、生前のうちからしっかりとした相続手続きの話し合いを設けるようにしておきたいです。

相続手続きの一連の流れ

相続手続きは最初に故人の財産を確定することから始めます。なぜなら、財産を調査した結果借金などのマイナスの財産が多い場合は、3か月以内に家庭裁判所に行って放棄することができるからです。

次に、財産を相続することになった場合に、相続人の確定を行いその人に通知を出します。相続人には妻や子供などの法定相続人のほかに、遺言などで相続人となった人も含まれます。

そのあとで、その相続人が集まり遺産分割協議を行い、だれがどのように財産を引き継ぐかを決めます。その内容は協議書に作成しておくとよいです。最後に、財産を相続した各自が協議書にしたがって名義変更を行い相続手続きは終わります。

相続手続きについて

おすすめ

おすすめ本文です。

ページトップへ戻る

copyright©不動産相続Info 遺言書作成、相続手続き空き地や空き家についての相談.All Rights Reserved.