預貯金や不動産、権利等の財産から借金まで不安ならまずは相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について知ろう。

秘密証書遺言での遺言書作成

遺言書作成することを決めた場合には、次に遺言書の方式を決めていくことが必要になります。方式は3種類あり、そのなかでも秘密証書遺言を選択するケースは珍しいと言えるでしょう。この秘密証書遺言については、名前の通り遺言書の内容を秘密にしたい場合においてこの方式を採用します。

秘密証書遺言作成をおこなった後に封をし、2人の証人と公証人によって秘密であることを証明してもらうこととなります。中身を誰もみることができないため、万が一内容が不十分だった場合においては、遺言書の内容が無効になってしまうケースもあります。

遺言書作成には間違ったマニュアルも

本来なら、マニュアルに間違いはありません。書かれている内容は正しいと考えたいですし、分からない点を把握できるように調整したからこそ、使えるものと判断できます。しかし、間違っているマニュアルは意外と多く、遺言書作成では特に影響が出やすいです。

本当に正しいものか見てもらうには、知っている方に話をするか、弁護士などの対応を受けてください。もしかしたら、間違っていると指摘してくれて、正しい内容に訂正してくれる場合もあります。自分がわからなくて困っていて、マニュアルを見るのもいいことですが、遺言書作成だと間違いもあります。

気軽に遺言書作成の練習を

ネット上にあるサービスで、気軽にチェックできる方法が用意されています。ネット上にあるサービスを使っていくと、実際に作ることができる遺言書と同じフォーマットが用意されて、これを使うことで遺言書作成を実際に行えるようにしています。

行った場合は、保存しておけば後から見られますし、なにかおかしい部分はネット上で指摘が入ります。気軽に練習できる方法として知られているので、上手く使っていくと効果的です。ただそのまま印刷して遺言書とするのは無理なので、遺言書作成の練習用として使って、本番は直筆で書いてください。

年齢により遺言書作成の視点は変わる

若い人がそもそも遺言書作成を行う状況は訪れません。遺言書を書いたとしても、それは親に対する感謝だったり、伝えられなかったけど死ぬ今だからこそ伝えられることを書いたりと、基本的に遺産に関連する情報は書かないのです。

しかし年齢の高い方は、遺産について考えるケースが多く、誰にどれくらいの金額を与えるのか、与えなくてもいい人は誰かを考えつつ、遺言書を作成していくのです。書いている内容が年齢によって若干異なるものの、遺言書作成は伝えたい内容をしっかりと書くことが大事で、分からない内容にしてはいけないのです。

真面目な遺言書作成を行おう

最近は、派手なイメージを持っている葬式など、より華やかなイメージを持たせて、亡くなったことを悪いイメージで考えないようにする取り組みも実施されています。しかし遺言書作成の場合、真面目なものを書かないと効力がないままとなり、結果的に書き直しをさせられる場合があります。

問題を起こしたくないなら、真面目に取り組むようにしてください。意外と多くの人がこの影響を受けており、真面目に書いていないと判断されて効力がなくなり、結果的に遺産相続のために話し合いをさせられる場合があります。遺言書作成では、真面目に伝えたいことを書きます。

遺言書作成について

おすすめ

おすすめ本文です。

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。お近くの大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

ページトップへ戻る

copyright©不動産相続Info 遺言書作成、相続手続き空き地や空き家についての相談.All Rights Reserved.