預貯金や不動産、権利等の財産から借金まで不安ならまずは相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について知ろう。

相続問題となる空き地と空き家

家族と相続問題についてしっかりと話をしておらず、きっと故人が所有している空き地と空き家は、そんな高額な物とはならないだろうという事で、放置となってしまっている人も結構いる様ですね。

空き地と空き家はとにかく相続して複数の人で共有名義にするという人もいます。

しかし、できれば、相続して共有名義にするより、しっかりと分配して相続する事をおすすめします。空き地と空き家は、分けにくい物で共有名義にするというのも理解する事ができますが、結果として共有名義にして相続すると、最終的に誰の物であるのかという事で争いになったりする事もあるようです。

決められないのであれば、空き地と空き家を売ってしまうと、分けやすいと思います。空き地と空き家の名義ははっきりさせたいですね。

空き地と空き家の活用
空き地と空き家についての情報。

遺産を受け取る側の相続相談について

人が死亡すると、亡くなった人の財産を被相続人が取得する『相続』が発生します。相続は被相続人が作成した遺言の内容とおりに行われる方法と、法定相続分による分割。そして相続人間で話合いを行い、遺産分割の割合を決定する方法がありますが、この話し合いにおいて相続トラブルが発生するケースは非常に多いのです。

これは日本のどの場所でも同じであり、大阪や神戸でも相続トラブルの発生は増加している傾向にあります。遺産を受ける相続人からの相続相談はこの相続人間での話し合いがうまくいかないという問題が殆どです。また、相続財産が借金などのマイナスの財産ばかりである場合には、相続放棄についての相続相談も持ち込まれます。

空き地や空き家を相続してどうするか

実家が空き地や空き家になってしまった時に、相続をどうするかという問題が出てきます。その様な問題を抱えている人も多いと聞いた事があります。

空き地や空き家を相続して、自分達が利用するという事もできます。空き家はそのまま住む事ができたり、空き地はマイホームなどを建てる事も可能です。

また、他の相続の方法としては、空き地や空き家を売りに出すという事もできます。

それ以外には、空き地や空き家を賃貸にして貸し出すという事も場合によっては可能でしょう。定期的な収入を期待できそうですね。これらは金銭の様にそのまま相続するという事ができません。相続した後の利用方法についても考えないといけませんね。

賃貸物件について
注目の賃貸情報。

相続による名義変更について

相続の際には、土地、家屋、田畑などの不動産や預貯金などの名義変更を行う必要があります。特に不動産は、その時にきちんと行っていなければ、代が変わるごとに相続人が増え取り返しのつかないことになることもあるため注意が必要です。

不動産の名義の変更には、相続登記というものを行います。遺産分割協議を行い誰が何を譲り受けるかを決め、その後登記に必要な様々な書類を整え法務局に提出します。このような作業は個人で行うには大変困難で負担が大きいものです。大阪においても費用は発生しますが、専門的な知識を持った専門家に任せるほうが、短期間で確実に済ませることができます。

相続について

おすすめ

おすすめ本文です。

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。お近くの大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

ページトップへ戻る

copyright©不動産相続Info 遺言書作成、相続手続き空き地や空き家についての相談.All Rights Reserved.