預貯金や不動産、権利等の財産から借金まで不安ならまずは相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について知ろう。

遺留分の請求をおこなう

遺留分の請求をおこなうにあたって、遺言書の内容が理不尽だったことがあげられます。法定相続人について遺産の内容が不十分であり、法律で定められている保障よりも下回ってしまうようであれば、請求することが可能になります。

この制度は家族が遺産をもらえなかった場合において、その後の生活が困ってしまうようなことを防ぐために作られています。遺言書を作成する場合には、この遺留分に配慮して遺言を書く必要がありますが、一人で作成などを行った場合に、内容が不十分になってしまったケースもあります。そのようなことから始まってしまいますので、注意が必要です。

遺留分には小さいトラブルも

実際に遺留分として用意している金額を使いたい人は多いのですが、ちょっとしたトラブルが起こりやすいとされていて、割とトラブルに悩まされたことで問題となる場合があります。特に遺留分の金額を間違えていたために、起きてしまった問題も多くなっています。

かなり多くの問題を抱えている場合もあるので、1からチェックして問題のない分割を行ってください。最低限の数字は残しながら、使える範囲で決めていったほうがいいです。中には分割しづらいような状況が生まれる可能性もありますが、それでも最低限の数字だけはしっかり残さないと駄目なのです。

遺留分は見た目以上に小さい

分割で最低限とされている金額は、やはり小さいと感じてしまう傾向にあります。実際に提示されている金額を見ると、かなり小さいことがわかってくるので、これくらいしか受け取れないのかと感じるのです。

最低限とされていますので、これから増える可能性もあり、分割協議の内容によっては期待できます。遺留分は、これ以上の金額を出せないというわけでなく、これは最低限の金額として支給しなければならないと定められていることです。勝手に変更できない金額なので、最低限クラスの数字を作るようにして、問題が起こりづらいようにしているのです。

近年の遺留分トラブルは多い

知らない人が話を進めてしまったことで、問題が起きているのも事実ですし、色々な指摘も出やすくなりました。近年多くなっているのが遺留分のトラブルで、本来なら関係ないことなのに、把握していなかったので足りない金額で出してしまった場合、もしくは多く出しすぎてしまい、遺留分として認められる範囲を超えていた場合もあります。

超えている程度ならいいですが、足りない場合は裁判を起こされる可能性があり、全員が問題なく受け取れる状況にしなければなりません。足りない時には、多く出している人が返してあげることも大事になっています。

これから遺留分を調べるなら

分割することになり、自分が考えているくらいの金額を受け取りたいと思っても、遺留分を考えてから分割することが多くなっています。遺留分を知らない人に告げるためには、知っている人が何とかしなければなりません。

そのための方法として、ネットを利用するといいでしょう。ネットに書かれている内容は、正しいことが多いですし、弁護士事務所が提示している内容も多くなっています。実際に話を行うのもいいですが、無料相談ができないところだと支払いが発生してしまうのです。調べる場合には、気軽に見つけられるサイトの情報を使ってください。

遺留分、相続手続きで覚えておきたいこと

相続手続きは、相続する段になって初めてすることというイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。相続準備も含まれています。準備をしっかりとしておかないと、実際の手続きであたふたしてスムーズに進まなかったり、いさかいやトラブルの元にもなります。遺言書作成も準備の一つです。

絶対に作成しなければならない訳ではありませんが、思いがあるなら伝えやすいです。もちろん思いがある場合は、法律に従って自筆で、署名、押印とともに記載することが前提です。一部の人に保障されている遺留分に注意しておくと、思いが叶いやすくなります。

法定相続人を守れる遺留分

故人が生前に遺言書作成するにあたっては、必ずしもその内容があっていると限りません。万が一、作成された遺言書について不備が見つかったり、分かりにくいような場合においては、遺言書の内容は無効になってしまいますので、気をつけなければいけないことになります。

遺留分については相続人のなかでも、法定相続人が生活するにあたって困らない必要最低限の保証がありますので、そのことを守る必要があります。万が一守れなければ、これも同様に遺言書の内容が無効になってしまう可能性もありますので、十分な注意が必要になることでしょう。

こしっかりと考慮したい遺留分

遺言書作成していくにあたっては、さまざまなことを配慮しながら作成していく必要があります。でなければ、せっかく遺言書を作成していても無効になってしまうような可能性も出てくるからです。そのようなことを考えると、法定相続人に与えられている遺留分をしっかりと考慮しなければいけません。

そうすることで遺言書の内容も採用されることとなりますので、決まりごとや方式などをしっかりと守って遺言書の作成をおこなうべきでしょう。最近では本やキットなどが販売されていますので、そのようなものを参考にして遺言書を作成することもできるでしょう。

遺留分について

おすすめ

おすすめ本文です。

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。お近くの大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

ページトップへ戻る

copyright©不動産相続Info 遺言書作成、相続手続き空き地や空き家についての相談.All Rights Reserved.