預貯金や不動産、権利等の財産から借金まで不安ならまずは相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について知ろう。

遺留分を受け取らないのはよくない

せっかく用意されているものですから、受け取らないまま放置するのは駄目です。分割されることになれば、当然ですが受け取るように手続きをして、自分がもらっておきます。お金として支給されますので、生活に役立てられる場合もあれば、残しておくことで将来的にいいように感じられる可能性もあります。

とにかく遺留分は、自分が受け取るために用意されている最低限の金額であると考えてください。この金額を無視するのは良くないですし、例え不要だと思っていても、最低限の分割としてもたらされる金額であると考えて、受け取ってください。

遺留分の支払いはかなり小さい

遺産が多く残されたとしても、分割できる金額の最低ラインは小さいので、遺留分をもらうことになった場合、あまり多くの金額が出ないケースもあります。それも覚悟の上で遺産を分割する場合もあります。

あまりもらえない人が出るのは当然で、受け取れる金額がかなり多くなっているなら、それだけでもメリットは多くなっているのです。もらえない人は、小さいものと考えて分割の競技に臨んだほうがいいでしょう。遺留分は小さい金額で終わってしまう可能性も高くなっていますし、遺産の額によって多くの影響を受ける傾向も多く、少ないとかなり小さい金額となります。

遺留分がなければ裁判に

もし遺産が分割されていたとしても、遺留分が残されていないとか、渡されていない状況となっているなら、これは分割している遺産の方法として違反となります。違反扱いになっているなら、弁護士を通じて請求することが可能となり、遺留分を取り返すことも可能です。

ただ取り返す程度のものじゃないと思っているなら、そのまま放棄しても構いません。金額的に多くなっているなら取り返すようにして、あまり多くないなら無視する方法もあります。裁判にもお金がかかりますので、もし要らないと思っているならそのまま受け取ったほうがいいかもしれません。

文献で遺留分の理解を深める

自分が知らないと思っているなら、どんどん調べて内容を理解した方がいいです。知らないまま話し合いをしていることで、常識がないと思われるのは嫌なことです。知らないままでは駄目ですから、理解してから話し合いに参加してください。

遺留分については、意外と多くの方が知らない傾向にあり、放置しているために問題とされるのです。実際には分割によって、最低限認められている金額は決められています。この理解を進めておかないと、実際に話し合いをしても駄目な状況になってしまいます。正しい理解をすることで、問題を減らせるのです。

小さい遺留分も後から意味がある

本当に小さい遺留分を受け取った時に、使わないだろうと思っているかもしれません。しかし残されている遺留分のお陰で、様々な問題を解決できる可能性もあります。本当に微々たる問題を解決できる可能性を持ったお金なので、小さくても受け取っておきます。

せっかく自分に支給される金額ですから、要らないと思っているのは良くないのです。どれだけ遺産が小さかったとしても、自分に対して支払いが出ているものと考えれば、受け取った方がいいでしょう。放棄するのは簡単ですが、後から意味のあるものだったと思って取り返すのは難しいです。

遺留分について

おすすめ

おすすめ本文です。

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。お近くの大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

ページトップへ戻る

copyright©不動産相続Info 遺言書作成、相続手続き空き地や空き家についての相談.All Rights Reserved.