預貯金や不動産、権利等の財産から借金まで不安ならまずは相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について知ろう。

遺留分は遺言書作成におけるポイント

遺言書作成は、遺産が多かろうが少なかろうが誰がしても良いものです。遺していく家族に対しての、最期のメッセージになりますから、想いがあるなら作成してみるといいでしょう。作成時には、遺留分に注意します。これは、特定の条件に合致する妻や夫やその子どもなどに保証された権利です。

高齢社会を迎え、遺された家族の生活が困窮しないようにする目的もあります。この他にも、老後の生活が不安定にならないように、遺産とみなされている居住用の建物、土地を、配偶者が生前や遺言で贈与された場合は遺産分割の遺産から除外しようとする案があります。

遺言書の作成の際に遺留分を考える

遺言書の作成の際に考える事は必要不可欠であると言えるでしょう。万が一、この遺留分が無視されるようなことがあれば、せっかく作成をおこなった遺言書についても、無効になってしまう点があげられます。そのようなことにならないためにも、わかりやすい遺産分与の内容と、ルールに従うことが必要とされています。

もし、自分一人での作成が無理なようであれば、法律家はもちろんのこと、無料相談をおこなっている専門機関などもありますので、そのような場所を利用してみることをおすすめします。サポートを受けることで、より良い内容の作成ができればいいですね。

遺留分に注意して遺言書を作成

ライフスタイルの変化によって、最近では若い世代においても遺言書を作成するようになったようです。遺言書においてはさまざまな形式があり、ルールに基づいて作成することが必須となります。

そのルールについては守られていなかったり、分かりにくかったりするような場合においては、無効になってしまうようなケースもあります。とくに遺留分については計算が必要とされますので、十分に考慮をおこない作成する必要があります。作成に困るようであれば、弁護士に依頼をおこなうことでサポートをおこなってくださいますので、安心して依頼することができるでしょう。

遺言書で遺留分を把握できるのか

把握できない情報ばかり見ても、結果的に知らないので同仕様もできない場合もあります。遺留分をわかっていない人にとって、少しでもわかる材料を増やしてくれるようならいいですが、材料を増やしてくれるものはあまりないのです。遺言書に書かれている内容を見て、これで判断できると思ったら間違っていたなんてこともあります。

最終的には、弁護士に相談しておくのが何よりも大事なのです。話を進めておけば、実際に行っていく手続きだったり、金額の分け方も把握できるようになりますので、目立った問題は起こらない傾向が出てきます。

大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

大阪市で遺言、遺言書、遺言書作成、相続手続きでお困りならお任せ下さい。遺留分の相談、遺産分割協議についての相談。

遺留分について

おすすめ

おすすめ本文です。

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。お近くの大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

ページトップへ戻る

copyright©不動産相続Info 遺言書作成、相続手続き空き地や空き家についての相談.All Rights Reserved.