預貯金や不動産、権利等の財産から借金まで不安ならまずは相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について知ろう。

メリットがある遺言書作成

法律家などが早めに遺言書作成を行っておいた方がいいと言っているのを聞いた事がありますが、早く行う事でメリットがあります。

人はいつまで生きる事ができるかという事は分かりませんので、早期に遺言書作成を行っておく事で、子孫が争いになるのを防げる可能性が高いというメリットがあります。

そして、遺言書作成を早期に行っておく事で、不安を感じたり、心配したりする事なく生活できるというメリットも考えられます。これらの事を考えると、やはり遺言書作成を早期に行っておくメリットは少なくないと考える事ができそうです。

まだ、そんな歳ではないからと後回しにせず、メリットを考慮して遺言書作成は済ませておきたいですね。

ルールを守って遺言書作成を

相続の内容については自分の希望を盛り込みながら遺言書作成をする事ができますが、遺言書作成の書き方についてはルールを守る必要があります。というのも、せっかく遺言書作成をしても、ルールを守っていない場合には、いざ調停や裁判になった際に効果を発揮しない事もあり、相続人である子孫が争う事も考えられます。

遺言書作成を自筆するからという事で好きな様に書いていい分けではありません。遺言書作成というのは法律と深い関係があります。わざわざ正しい書式を調べながら作業をするというのは時間もかかりますし、手間もかかります。

しかし、子孫の事を考えると、分かりにくく曖昧な表記などがない様にしたいですね。

遺言書作成で秘密証書遺言にする方法

秘密証書遺言は、公正証書遺言とは違い遺言書の中身を知られずに、その存在だけを公証人に証明してもらう遺言書です。 自筆証書遺言のように、遺言書が本物か偽造されたものかの問題が出ないので相続する人の間で争いが起こりません。 遺言書作成は、まず自分で作成した遺言書を公証人のところへ封筒に入れ、遺言書に押印した同じハンコで封印して公証人のところへ持っていきます。

2人以上の証人を連れていく必要があり、必要な手続きを経て遺言書自体は自分で保管します。 注意する点は、公証人は遺言書の内容までを証明するわけではないので不備があった場合は無効になる恐れがあるので、どうしてもという場合以外は利用しない方がいいでしょう。

遺言書作成を正しく進めることの重要性

資産を持つ方にとって重要な作業の一つに、遺言書作成が挙げられます。相続人となる家族などの間で、大きなトラブルへと発展しないよう対策するためには、遺言書を正しく作成することが重要でもあります。

また、遺言書の作成方法には複数の方法が存在しており、自筆で済ませられるものだけでなく、公証役場の介入や、公証人などによる立ち合いが必要なケースも多く見受けられます。遺言書の内容記載や作成方法に不備がある場合、遺言書が存在していても無効となってしまうこともあるため、正しい知識や情報を取り入れながら確実に行いたいものです。

遺言書作成は専門家に任せましょう

相続を巡って仲の良かった家族の間でも、配分金額だったり今までの貢献度によってトラブルになることが多くあります。大事な家族が相続をめぐってトラブルにならないように、しっかりと正式な遺言書作成をしておきましょう。

遺言書の書き方は、書籍やネットでも数多く見ることが出来ますが、不備があっては無効となりますので、弁護士などの専門家に依頼することも検討した方が良いです。あとあとトラブルにならない書き方や保管場所にも相談にのってくれますので、活用した方が良いです。費用が不安な方は、依頼する前に確認すれば良いでしょう。

有意義である遺言書作成

遺言書って聞くとお金持ちの人が作成するもので、自身には関係ないと思ってしまいませんか。そのように考えている人は多いと思いますが、実は遺言書については相続税がかかるような財産を所有していなかったとしても、遺言書作成していた方がいいとされています。

遺産相続のトラブルにおいては、総額五千万円以下でのトラブルが7割以上との報告が上がっていますので、たとえ少しの財産だったとしても、遺言書を作成しておくべきでしょう。あなたが遺言書を残すことで、残された家族や親族は円滑な遺産相続をおこなうことができるでしょう。

遺言書作成の方法について

遺言書作成と聞くと自分には関係のない事柄のような気もしますが、多様化している生活スタイルのなかで他人事ではなくなっています。例えば子供がいない夫婦の場合や、自身のおこなう事業などの継承者なども遺言書で伝えることができますので、しっかりと遺言書に明記しておくことが大切になります。

万が一、記載の仕方に迷いが出た場合においては、遺言書キットなどで確認してみたり、遺産相続に強い弁護士や専門の機関に相談してみることです。そのような事務所や機関は、インターネットで簡単にリサーチをかけることが可能になりますので、合わせて確認することをおすすめします。

遺言書作成の相談を行う

遺言書作成は、相談をしてから行ったほうがいいです。これは、知らない部分を把握して、間違えた遺言書を作らないための方法です。相談できる相手は、遺言書に詳しい専門家がおすすめです。

かなり身近なところにいるので、事務所などへ相談すれば対応してもらえます。そして相談した後に、自分で作成を行います。完成したものは確認してもらい、間違いがないかチェックされます。この時点で間違いが生じているなら、直すポイントを教えてもらい、書き直しを行います。確実に成功する遺言書にしないと、遺言書作成によるメリットは得られません。

遺言書作成について

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。お近くの大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

ページトップへ戻る

copyright©不動産相続Info 遺言書作成、相続手続き空き地や空き家についての相談.All Rights Reserved.