預貯金や不動産、権利等の財産から借金まで不安ならまずは相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について知ろう。

遺産分割協議を行う際の注意点について

相続人全員で遺産をどのように分けるのかを相談するのが遺産分割協議です。これを進めるにあたって事前準備がとても重要になります。まず、財産がどれだけあるのかを調べる必要があります。

もちろん、ここで借金があるかどうかも調査しましょう。次に、誰が相続する権利を有しているのかを調べる必要があります。これは除籍謄本を手に入れることでわかるようになっています。この2つを正確に調べておけばあとで問題が起こりにくくなるわけですが、とても大変な作業です。時間と労力を節約するためにも弁護士に調査をお願いすることをおすすめします。

遺産分割協議を専門家にアドバイスを貰いながらスムーズに進める

生前に被相続人が具体的な遺産分割についての遺言書を残していれば、その内容に則った遺産の配分が行われますが、そういった遺言書が用意されていないような時には、相続人全員で、誰がどの財産を相続するのかをしっかりと遺産分割協議で決めることが必要となります。

協議終了後には遺産分割協議書を作成しておいた方がよく、不動産の登記申請などで添付することにもなります。相続人全てが納得するまで協議を進めていくことになるので、遺産分割に関して慣れている専門家からアドバイスを貰いながら協議や書類作成を行ったほうが、スムーズに事が進むでしょう。

遺産分割協議は必ずやっておくようにする

遺産分割協議は、法定相続で分割すると最初から決まっている場合でも、協議書を作成してきちんとそのことを明記しておくことが大切です。そうしておかないと、客観的に誰がどれだけの遺産を相続したのかを把握することができなくなってしまうことです。

遺産分割協議は、相続権を有している人物同士が行うものであり、権利のある人は法定割合にのっとって遺産を相続します。しかし、中には相続権を放棄する人もいますので、そうした人の遺産をだれがどの程度継承するのかを話し合わなくてはならないこともあります。こうしたことを記録するのが遺産分割とその協議です。

全員の同意があって遺産分割協議は可能になる

遺産分割協議を行う際には、権利を有している人の全員の同意が必要になります。普通、相続が始まるとその権利を有している人が本当に法定割合で相続できるかどうかを確認するために協議を始めることになります。

この協議内容はきちんと紙面などによって保管しなくてはならず、場合によってしかるべき施設に提出をして法律的な拘束力を発揮させなくてはいけません。分割協議そのものは相続権者だけでも可能ですが、手続きや書かなくてはならない内容に関して不安があるときには、弁護士に相談をして相続権者の代わりに協議書を作ってもらうことが大切です。

遺産分割協議はプロに依頼するとスムーズ

遺産分割協議は、故人の遺言がない場合において、法律に定められた複数の相続人が共同相続財産としての遺産を誰に、どのように分けるかを話し合うことです。遺産に所有権の移転登記が必要な不動産などが含まれる場合は、遺産分割協議書を添付しなければならないため、協議書を相続人の数だけ作成し、全員の署名と押印をして各自1通ずつ保管します。

遺産はいくらかを調べたり、協議書を作成したりするのは手間がかかるうえ、相続人の人数によっては相続トラブルにも発展するため、弁護士や法律事務所などのプロに依頼するとスムーズです。

遺産分割協議について

おすすめ

おすすめ本文です。

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士にお尋ねください。お近くの大阪、神戸、千葉、東京の弁護士、司法書士にご相談ください。

ページトップへ戻る

copyright©不動産相続Info 遺言書作成、相続手続き空き地や空き家についての相談.All Rights Reserved.