預貯金や不動産、権利等の財産から借金まで不安ならまずは相続について知ろう。

遺留分問題を得意とする弁護士について

遺留分問題を得意とする弁護士は、相続法、家族法分野の案件を積極的に扱っている方です。遺留分のみについて知識が深いわけではなく、そのための手続きについても造詣が深いので、相談することで具体的な解決策を考えてもらうことができます。

相続に関する問題は、一定時期に手続きをしなくてはならないこともあり、自分一人で何とかしようと思ってもどうしようもならないことがあります。しかし、財産に関する問題なので、きちんとした解決が必要です。そこで、そういった方は、相続に詳しい弁護士を選んで活用することで、これを実現できます。

兄弟姉妹の遺留分の取り分について

遺留分とは、一定の関係にある相続人に対し、遺言等によって相続できる分が無くなっていても、最低限相続できる部分を確保しておくという意味があるものです。対象となる相続人には範囲があり、兄弟姉妹は入っていません。

それ以外の相続人については、遺留分減殺請求をすることによって一定割合を相続することが可能になりますが、兄弟姉妹の場合、そういったことができないため、遺言で相続分が無くなっていたら相続はできないという事になります。逆に言えば、全く相続させたくない場合は遺言だけで排除することが可能になるということができます。

理解しておくべき遺留分の意味

人が亡くなると、その人が相続し所有してきた財産を引き継いでいく必要があります。財産は所有物ですから、亡くなった人が自由に分与、分割を指示して良さそうなものです。しかしながら、そうではありません。生前に財産相続について遺言書で託すことはできますが、遺留分に配慮する必要があるのです。

遺留分は、一定の条件をみたした配偶者、家を継ぐ子供、直系卑属に保障されています。遺言書で赤の他人に財産相続させるとあったら、遺産を目当てにしていた遺族には大きな問題ですので、保障されているものです。相談は、弁護士にするといいでしょう。

遺留分がある際について

法定相続人においては、定められた割合で相続の財産を引き継ぐことができます。割合の事を法定相続分と呼びます。法定相続分は絶対的なものではないのです。つまり被相続人は遺言書により、法定相続分と違った遺産の取り分を決める事が可能だからです。

相続する人の中には遺言書があることによって、定められた法定相続分よりも少量の財産しか受け取れない人も出てきます。遺言書により著しく法定相続分が過剰に減少させる事があると、法定相続人の期待や生活を大きく損なってしまいます。そのような際に兄弟を除く法定相続人に対して、遺言関係なく相続財産における最低の限度を確保してくれています。この取り分の事を遺留分と呼んでいます。

遺留分が制定されて良かった例

遺留分が制定されたことによって、助かった人は沢山います。事例を挙げると、夫が亡くなってしまったBさんは夫が残した遺言書をみて驚きました。その遺言書には「全ての財産を愛人のCさんに譲る」と記載されていたためです。

実は夫は生前、Cさんと不倫をしており、その不倫相手であるCさんに全ての財産を譲るということでしらた。当然今まで面倒をみてきた妻のBさんからしたらこの遺言書に納得ができる訳がありません。この時にBさんを助けてくれるのが遺留分です。遺言書にはこのように記載されていましたが、Bさんにはある一定の金額をCさんに請求することができるのです。その結果Bさんは無事遺産を受け取ることができます。

遺留分減殺請求の計算の仕方

遺留分減殺請求を行う上で一番大切になってくるのが結局金額はいくらになるのかという所です。専門家に計算してもらうのが一番早いのですが、自分でも計算をする事は可能です。本当に請求する必要があるのかどうか考える時の参考にしてください。

この割合は何人で遺産を分けるのかにおって異なってきます。例えば配偶者プラス子供2人だったと過程します。(遺産は500万円)この場合、まず配偶者の割合は500X1/2=250万円になります。子供費用は遺産X1/2X1/2X1/2になりますので、62.5万円がそれぞれの遺留分の金額になります。

大阪で遺留分の相談はおさえておきたい相続税や遺産相続問題

ページトップへ戻る

copyright©不動産相続Info 遺言書作成、相続手続き空き地や空き家についての相談.All Rights Reserved.