預貯金や不動産、権利等の財産から借金まで不安ならまずは相続について知ろう。

家族の方が亡くなられた時の相続手続き

資産を持っていらっしゃる家族の方が亡くなられた場合に、残された家族が相続手続きを行います。 まず、告別式などが終わってから、亡くなられた方がどのような種類の財産を持っていらっしゃったかを把握しておかなければなりません。財産の大きさによって相続税が発生したり、登記の変更が必要になります。

土地などを持っていらっしゃった場合には、司法書士のところで登記の変更を行います。 現金や有価証券などには相続税がかかりますので、税理士のところで計算をしてもらい税務署へ税を納めます。 司法書士も税理士も専門職であるために、依頼をする場合には費用がかかります。

葬儀後の遺産相続手続きについて

亡くなった人を悼み、滞りなく葬儀全般を済ます事が出来ると、ひとますはほっとされる方が多い事でしょう。 しかし故人が生前に残した遺産がある場合、正しく遺産相続手続きを済ませなくてはなりません。 遺言書がある場合とない場合があるでしょうが、正直素人には正しい形はわかりづらい物です。

そこで、葬儀後の遺産相続手続きについては、専門家を依頼する事が望ましいといえるでしょう。 大阪の場合、専門に扱う相談所が多数ありますので、まずは無料相談からお願いしてみるとよいでしょう。 身近な間柄の中ですから、後からもめる事の内容に適切な形で取り行うようにしましょう。

相続手続きは、専門家などに相談することが効果的

相続手続きは、資産の分割や負債の引き継ぎなど、何かと揉めやすいです。そのため、相続人のみで話し合いを行ってもなかなか解決しないばかりか、時間や費用が多くかかってしまう結果になることもあります。

したがって、相続手続きに関しては、弁護士や司法書士などの専門家に相談することが効果的です。相続に関する複雑で難解な法律にしたがって話し合いを進めていくため、全員が納得する結果を得ることができ、万が一トラブルが起きたとしても、早期に解決することが可能となります。時間と費用を大幅に節約でき、かつ最適の結論に導いてくれるでしょう。

相続手続きの一般的な流れ

一般的な相続手続きの流れは、相続人と遺産の調査、相続放棄の申立て、遺産分割協議、相続税の申告となります。まず初めに、遺言書や戸籍謄本などを収集して相続人を確定させ、合わせて被相続人の財産と債務の調査を行い遺産分割の対象となる物を確定させます。

その後、希望する者は相続放棄の申立てを行い、残った相続人で遺産分割協議を行って、誰がどの遺産を取得するのかを確定させます。最後に、遺産を取得したそれぞれの相続人が相続税の申告をして納税を行います。中でも、相続放棄や相続税の申告については期限が定められていますので注意が必要です。

相続手続きは多岐にわたる

人が亡くなると必ずと言っていいほど問題となるのが相続についてです。もちろん財産を誰が引き継ぐかという事も大きな問題ですが、それにまつわる様々な相続手続きをこなしていかなくてはならないという事も大きな負担となります。

まず考えられることとして、相続税についての申告ということが挙げられますし。さらに、相続した財産の中に不動産などが入っていれば、それについての登記も必要になってきます。放置していると税金の滞納や権利関係の問題に発展していくことになるため、多岐にわたる手続きをいかにスムーズにこなすかを考えておきたいものです。

家庭裁判所で行う相続手続き

相続手続きのうち、家庭裁判所で行う手続きには、遺言書の検認、相続放棄および限定承認の申述、遺産分割や遺留分減殺に係る調停や審判などがあり、どれも相続内容に影響する手続と言えます。

遺言書の検認は遺言書の紛失や偽造などを防止する為に行い、相続放棄および限定承認は相続開始日から3ヶ月以内に行わなければ全ての財産と債務を承継する単純承認しか選択できず、遺産分割や遺留分減殺に係る調停や審判は分割内容など取得する遺産の額に大きく影響するものです。その為、そうした手続きは個人で行う事もできるものの、弁護士などと相談した上で手続きを行った方が間違いもなく安心できるでしょう。

大阪で遺留分、相続手続きの相談はおさえておきたい相続税や遺産相続問題

相続手続きについて

おすすめ

おすすめ本文です。

ページトップへ戻る

copyright©不動産相続Info 遺言書作成、相続手続き空き地や空き家についての相談.All Rights Reserved.