預貯金や不動産、権利等の財産から借金まで不安ならまずは相続について知ろう。

相続したい土地や不動産

銀行に預けている預金だけではなく、土地や不動産をも相続したいと考える人はきっと多い事でしょう。

もちろん、土地や不動産も相続する事ができますが、どの様な形で相続するのかという事を決定しないといけません。

土地や不動産をそのままでは複数の人に相続できません。一人の人にすべて相続する場合には、問題ないですが、複数の人に分配するのであれば、金銭にした上で分ける措置が必要になってくるかと思います。また、土地や不動産を活用して、賃貸として貸し出すという活用方法もあるかと思います。

土地や不動産をどの様にするのかという事によって、税金の支払いなども違ってくるそうです。よく考える必要があるでしょう。

相続税とは?
財産の移転(相続)に着目して課される税金を指す。 (出典:Wikipedia)

相続税税務調査の申告書の提出

相続があったとき、税務署から相続税の申告書が相続人の自宅に送られてきます。その申告書は期限までに正確に記入し、税務署へ提出しなければなりません。期限を過ぎると罰金を支払うことになります。

また、申告書にミスや不審点、きちんとした資料がないと相続税税務調査の対象になり、予告なしに税務署から調査が入ります。調査の結果、申告書に誤りが見つかった場合、納付すべき税や加算税を支払うことになります。申告書の記入や申告書の再提出や、一般の人には難しく不備があると良くないので、信頼できる税理士にお願いすることが最善です。

遺産相続トラブルを避けるために資産を確認しよう

遺産相続トラブルの一つに、被相続人に借金などの負債や債務が残っていたというケースがあります。相続が開始されると、被相続人の所有している権利だけではなく義務も受け継がなくてはなりません。

このため相続人は不測のマイナスの遺産を受け継がなければならないことになります。たとえば、被相続人が借金を負っていた場合、被相続人はその借金を被相続人に代わって返済する義務が発生します。

兄弟など、相続人が複数いるケースでは,各々がそれぞれの法定相続分に応じて、分割された借金を負担することになります。まずは被相続人にどのくらいの資産や負債があるのかを確認する必要があります。

遺言書作成の際には相続手続きの代理人を決められる

遺言書作成を行うときには、どの財産を誰に譲り渡すかを記載していくことになります。しかし、実際に相続が開始し、遺された財産の名義変更手続きを行う際に、全員の押印や印鑑証明の提出を求められることがあります。

その際、関係者tから協力を得られずに手続きが出来ないケースも考えられます。そのような事態にならないためにも、遺言書作成の際に『遺言執行人』を決めておくことが望ましいと言えます。

遺言執行人はいわゆる相続人の代理人となります。遺言書内にて遺言執行者が指定されているのであれば、遺言執行者の押印だけで相続手続きを進めることが可能となります。

ページトップへ戻る

copyright©不動産相続Info 遺言書作成、相続手続き空き地や空き家についての相談.All Rights Reserved.